クレジットCard の限度額設定

クレジットCard の限度額というのはクレジットCard を選ぶ側からは結構気になるポイントになります。同じ様なカードを持っている知人と比べたところ、知人の方が限度額が高かったりして、なぜ差が出るんだろう?とすごく気になります。限度額はカード会社によって設定額が違う事と、個人の信用度によって差が生じています。
ここではある程度の傾向を紹介します。

一般のカードでは20〜50万円位の限度額です。しかし同じカードを長年使っていて問題も特に起こしてない場合は100万円位まで限度額が引き上がるらしいです。
また、ゴールドカードの場合は限度額は50〜100万円位で200万円まで引き上げてくれるらしいです。

限度額が上記のような金額でも、旅行など出費が大きくなる事があらかじめ分かっている場合は、事前にカード会社に連絡をして引き上げの申込みをしておけば限度額は一時的に高額利用できるようになります。

色々な噂はあると思いますが、毎月の利用明細書で利用限度額が上がっているのを見るとちょっと嬉しいですよね。

これも噂ですが、消費者金融を利用すると突然クレジットCard 会社から電話がきて限度額を引き下げられる事があるそうです。どこの消費者金融を利用したらそうなるとか正確な情報は分からないのですが、そういった例も過去にあったらしいです。

消費者金融界では大手の5社から借入れしてるのが分かった場合、新規申込みは受け付けないようにしているらしいです。

海外旅行に行く際のクレジットCard の限度額

海外旅行に行く場合、クレジットCard が安全で便利だと思いますが、スキミングや決済額の書き換えなど事故は怖いですよね。
でも今現在はネットですぐ請求額をチェックできるので、間違いや疑問を見つけたらすぐカード会社に連絡すれば対応してくれるし、悪用されているのだとしたら保障してくれると思います。

トラベラーズチェックですが、便利だと思いきや意外と使いにくいと言う事が分かりました。トラベラーズチェックはアメリカ以外では殆ど使用できませんし、両外だと手数料も取られるので不経済ですよね。

ICカードとかは日本では利用可能ですが、海外で使える端末があるかどうかは分かりません。ですのでそこにこだわる事はないかと思います。

上記のような事故の話は耳にしますが、そこまで多い件数ではないと思いますよ。
だから神経質に不安になる必要はないかと思いますが、万が一?って考えると不安になりますよね。

もし覚えの無い請求があった場合は、支払いの義務は生じないのでカード会社にすぐ連絡をして、相談してください。カード会社の保険で対処してもらえるので一銭も払わずに住むかもしれませんよ。

自動引き落としの場合はやっぱり怖いので、海外では「捨てカード」というカードを利用してもいいですよね。引き落とし口座はメイン口座以外の口座にしてそれ以上引き落としがかからないようにしておく。

海外での事故などすごく心配な方はこういうカードを1枚持っていても損はしないと思いますよ。

クレジットCard の限度額も考えて持つように

パソコンなどの高額商品を買おうとした時にいざクレジットCard の限度額が足りなくて困った事ってありませんか?例えばパソコンの値段は30万円、メインのクレジットCard の限度額は20万円、これでは買えませんよね。もう一つサブのクレジットCard の限度額は20万円、これでパソコンの値段を二つに分け、メインで20万円、サブで10万円の利用をしなきゃならなくなる。普段は高額の買い物をあまりしないので気にした事はないと思いますが、利用限度額ってすごく大切ですよね。特に海外旅行などで利用しようとした場合に。

上記のように2枚のカードを使ってあわせ技で支払い方法を認めてくれるお店ならいいのですが、そうじゃない場合も多々あるので、利用限度額が高い1枚を持っていれば安心ですよね。

海外旅行などに行く場合は一時的に限度額を引き上げてもらうよう増額依頼をしてもらうのもいい方法ですよね。

手持ちのクレジットCard を2〜3枚位にするのはいいが、1枚は長期で使うようにし信用度を上げ、限度額を上げて高額の商品を買うといった場合に利用するようにした方がいいかもしれませんね。たいがい2〜4年のカードの更新時を機に限度額が上がるような感じになっています。
また、登録時に記入した事項と変更があった場合(住所・職業・年収など)、利用額、利用頻度、場所、品目、延滞の有無、ブラックリストへの有無などを参考にして審査が行われています。確実に限度額の増額を得るなら定期的なカードの利用と返済をきちんと行う事!この2点が大事だと思います。


タグ:限度額
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。