クレジット カードの利用限度額は年収と比例するか?

クレジットCard の利用限度額と、個人の年収とは比例するのか?と疑問に思う方もいると思います。が、実際には年収と限度額は比例しないというのが回答と言えます。

皆さんご存知と思いますが、限度額は毎月支払いをすると支払いをした金額分が元に戻りますので、単純に計算をすると「限度額50万」の方は年間で600万円の利用が可能と言うことになります。

但し、最低ラインとしての年収は必要となります。大抵のクレジットCard 会社では最低ラインとして年収200万円以上という規定を設けていると思います。
ですので、200万円以上の年収がある方にとっては問題ありませんが200万円以下の年収の方にとってはクレジットCard を作る事自体難しいことになります。

年収は高いに越したことはありませんが、年収の裏づけというのが取りずらい項目なのであまり限度額や審査に影響することはありません。

これは一般論ですが、クレジットCard の年会費が無料〜5000円以内というカードは利用限度額が最大100万円と設定している所が多いと思います。
これ以上の限度額を望む場合はカード取得後の利用実績次第です。

もし100万円以上の限度額が必要なのであれば、下記のカードをお勧めします。
興味がある場合は直接問い合わせてみてください。

○ダイナース:ダイナースシルバーやプレミアムカード
○アメックス:プラチナカード
○三井住友カード:プレミアムカード
○JCBカード:クラスカード

こちらは正確に限度額等表記してませんので取得方法等は確認してみてください。


クレジットCard の限度額について

クレジットCard の限度額は、使用する人の性質(職業や年収、信用情報等)に応じて定められており、通常日本では一般カードで5〜50万円、実際利用した実績等が考慮されて50万円超〜100万円位、一般カードより上のゴールドカードの場合では50万〜300万円位と、性質や利用実績などによって差が出ています。日本国外のカード会社では月給の何倍相当額までと設定している場合もあります。

利用できるカードの限度額と未払いの債務額(未請求の債務を含みます)の差が、その時点でのカードを使う際のクレジットCard が使用できる可能な金額となります。そのクレジットCard の種類によって異なりますが、小額の場合は限度額を超える利用が出来る場合もあります。まれに利用限度額を事前に設定しないとしているクレジットCard もありますが、カード会社側では与信枠をきちんと把握、管理していて多額の利用をしようとした場合に本人に確認(承認)が求められる事になっています。

尚、利用限度額を引き上げてもらえるよう申込みをコールセンターにすると、審査の結果では限度額が増額されることもありますし、海外旅行など一時的に多額の利用をしたい場合は一時的に利用限度額を引き上げてもらうことも可能です。
こういったサービスは急にお金が必要になったときには便利なサービスですよね。

以上のような性質を持つのがクレジットCard の利用限度額です。
内容をきちんと把握し正しい利用をして、便利に使っていくようにしたいですね。


学生が作れるクレジットCard の限度額

最近は学生でもクレジットCard を持つ事が当然のようになってきました。
インターネットで簡単に申込みが出来て、人気のある学生専用のクレジットCard をここでは紹介していきたいと思います。
海外旅行やショッピングなどで利用できます。

●シティ スチューデントカード:入会資格は18歳以上の学生、カードの種類VISA、利率13.2〜18.0%、利用限度額10万円、年会費は1,050円

●シティクリアカード:入会資格は20歳以上年収150万円以上または18歳以上の学生、カード種類 VISA ・ MasterCard、利用利率(リボ払い) 11.4 〜 15.0% 、利用限度額 30万円 〜 100万円 (学生の場合は10万円)、年会費 永久年会費無料

●ノースウエスト/シティ:入会資格 20歳以上年収200万円以上 または18歳以上の学生 ※高校生を除く、カード種類 VISA クラシックカード (学生可) 、利用利率 13.2〜18.0% 、利用限度額 50〜100万円 (学生の方は10万円)

●JCBカード 〔Arubara〕:入会資格は原則として18歳以上で、一定の収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方、利率 ショッピング 実質年率 13.20〜15.00%、
利用限度額 20〜40万円 (学生の方は20万円または30万円)、年会費 年会費永久無料

●さくらJCBカード :原則として18歳以上で安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方、対象カードはJCB LINDA 、利率 実質年率 9.0〜15.00% 、利用限度額 10万円〜100万円 (キャッシングを含む) 、

●ライフMasterCard:入会資格 18歳以上の定期収入のある方。(学生も可能です:保護者の同意が必要です) 、カード種類 MasterCard、利用利率(リボ払い) 13.08% (ショッピング) 、利用限度額 入会時に決定、年会費 年会費無料



などがあります。学生が借りられる限度額はだいたいが10万円位と低い設定である事が分かります。学生には収入がないので当然の事かもしれませんね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。