クレジットCard の限度額をアップさせる裏技

クレジットCard の限度額を早くアップさせるための裏技で最もいい方法は「繰り上げ返済」です。
この方法を聞くと「お金が無いからクレジットCard を利用するんだ」「繰り上げ返済したら手元からお金が無くなってしまう」などと思う方も多いと思います。
けど、クレジットCard は非常に便利なシステムで、通常のローンとは違い、返済するとその分利用可能額が開きます。と言うことはその分また借りたり、利用したりすることが出来るということです。また早く返済した場合、早まった日数分金利も浮くことになります。

この方法での効果ですが、繰上げ返済をする方は返済意思があり、返済資金もきちんと用意できる人、故に優良な顧客であると思わせる判断材料になります。
判断されると、ショッピングやキャッシングなどの利用限度額の増額が出来ると言う連絡がカード会社から来ると思います。

利用限度額の枠が多いと、急な出費などがあった場合でも安心かつ安全に利用できるので便利ですよね。普通にカードを利用しているだけなら信用などが上がるため、利用限度額がアップされることが多いのですが、詳細は各カード会社によって異なるのでお問合せしてみてください。

この裏技を利用すると早く限度額が上がるというメリットはありますが、あくまでも裏技であり、すぐに信用度がUPするとは限りません。
一番重要なのは、いくら限度額があるからいくらでも借りられる、使えるではなく、きちんと借りた分を返済できると言うことですのできちんと計画的に無理が出ないようにしていけば大丈夫だと思いますよ。

クレジットCard の利用限度額が上がる方法

カード利用限度額(利用可能額)を恒常的に引き上げるには、電話のみで受け付けているところが多いそうです。ただし引き上げには所定の審査があるようです。(審査ですので状況により希望に添えない場合もあるようです。)
下記に三井住友カードのクレジットラインデスクの問い合わせ先を記述しましたので参考にしてください。
https://smbc-card.e-srvc.com/cgi-bin/smbc_card.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_sid=9nRN8w3i&p_lva=&p_faqid=790&p_created=1

利用限度額は一般カードでは長く使っているようであれば50〜100万円の利用可能額まであがるので、買い物など多額の利用をしないのであればこの位で十分です。年会費は1000円位です。
クレジットCard は上記のように1000円程度の年会費のところもありますが、無料で発行しているのもあります。しかし、逆に15750円という桁違いの年会費を徴収するカードもありますのでその利用用途により申込み、使い分けをしてください。

また、一般カードでも年会費が他より少しだけ高め(2000〜3000円程度)で、サービス(保険など)が充実したカードもあります。が、利用限度額は通常の一般カードと同じくらいなので注意してください。

通常にカードを使用しているなら普通に限度額が引き上げられると思いますよ。

クレジットCard の利用限度額の引き上げについて:

クレジットCard をいつでもどこでも使っていると、電気やガスの公共料金から趣味で使う物などカードを利用できるものはなんでも利用してしまい、限度額いっぱい使い切ってしまったり、使いたいのに利用可能額が足りなくて使えないといった事になってきます。
この状況を脱するのに一番簡単な方法はカードの利用を少しの期間控え、利用可能額の枠が戻ることを待つ事ですが、これだと何ヶ月単位で控えなければならなくなるので、せっかく貯めていたポイントなどを取得できなくなったりしたりします。

それを回避するためにカードの利用限度額を引き上げてもらうようチャレンジしてみはいかがでしょうか?

利用限度額の引き上げ方法を何点かご紹介します。
ご利用のクレジットCard の裏に記載されている電話番号に電話をして、利用限度額の引き上げを申し込んでみる。簡単ですよね。カードを定期的に利用し、返済をきちんと返済している利用者、またある程度の期間(1年くらい)カードを利用していれば、大体のカード会社では引き上げを了承してくれる可能性が高いです。

また、引越しや海外旅行など、どうしても出費が多くなる場合は一時的にカードの利用限度額を上げる交渉が可能となるし、一時的でも限度額が上がるので使い勝手もよいはずです。方法は電話で交渉するだけで大体は可能なはずです。

交渉をしても利用限度額が上がらなかった場合は、もう一枚違うクレジットCard を発行するのも手だと思います。そうすると、発行されたカードの利用限度額分利用することが可能になります。ただし、複数枚のカードを利用した場合、返済が重なるのでその分返済額が増えるので注意してください。

通常は交渉をしなくても、定期的の利用、返済、安定した収入がある方は勝手に利用限度額が上がっている事もあるので、毎月送られてくる利用明細書を確認しておいた方がいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。