クレジットCard の限度額の変更(引き下げ編)

クレジットCard の限度額を自分のお金みたいに勘違いをして、ついつい使ってしまう。限度額が高く設定されていると、つい使いすぎたり抑制出来なかったりする。こういった状況を回避するために、あらかじめクレジットCard の限度額を低めに設定しておくという方法がある。

限度額の引き下げの方法は、引き上げと同じで電話で連絡をして引き下げの旨を伝えるだけで簡単に変更することが可能です。

また引き下げは防犯対策にもなり得ます。もしクレジットCard が盗まれて利用された場合、限度額が低いと損害も最小限に抑えることが出来ます。
大体の場合は持ち主に過失がない場合は、カード会社が補償をしてくれるはずなので心配はないだろうが、もしものときに備えて自分が今使う以上の限度額の設定は控えておいたほうが無難でしょう。

次にキャッシング枠を使えなくすると言うこと。
キャッシングは必要な時にお金を借りれるという点でも便利な機能と言えるが、パチンコやギャンブルなどのギャンブル等でお金が足りなくなってついつい借りてしまった・・・勝ったら返せばいいやと簡単に引き出して借りてしまう、また次も同じ様な気持ちで借りてしまって危険です。こういう風についつい借りてしまう意思が弱い方はキャッシング自体を出来ないように使えなくしておいた方が無難と言えます。

やり方はカード会社に電話するだけなので簡単ですよね。防犯の意味も込めて是非試してみてはいかがでしょうか。

クレジットCard の限度額を上げるには?

クレジットCard には利用限度額というのがそれぞれあり、内訳はショッピングとキャッシングの利用額ということになっており、利用者はその限度額の枠を超えて利用することが出来ないようになっています。
利用限度額は入会初年度なら10〜20万円くらいが平均かと思います。

利用限度額の意味は「利用できる限度額は20万円です。そのうちキャッシングは10万円です。」というように毎月利用明細書の中に記載されます。
ごの限度額は不変ではなく、カードの更新時に引き上げされるのが原則になっています。が、更新時だけではなく、随時申込みによって引き上げ可能なカード会社もあります。

下記に限度額を上げることのメリットを挙げます。
メリットその1→限度額が上がれば、余計なカードを複数枚作る必要がない。
メリットその2→限度額があがれば、同じクレジットCard で限度額内での高額な商品を購入することが出来る。
メリットその3→限度額が上がれば、消費者金融に手を出さないで済む。
メリットその4→限度額が上がれば、信用度が上がりステータスが上がったような気持ちになれる。
メリットその5→限度額が上がれば、限度額を気にして買い物をする事が少なくなる。

限度額が少ないと結構カードを所有している意味というのがないと思います。万が一の場合に備えて限度額は100万円位あると、精神的に安心になるでしょう。
でも限度額が高いというデメリットも頭の中に入れておいてくださいね。
限度額を上げるためには信用度を上げて限度額が上がっていくような利用の仕方をしましょう。

クレジットCard の限度額を超える場合の使用(分娩費用編)

最近の出産事情について、分娩費用がないという理由で妊娠や出産を諦めたり、躊躇したりしている夫婦や女性が多いという現状があります。

分娩費用はとりあえずは自己負担して、後から保険で戻ってくるシステムになっていますが、一時的にでも30〜40万、またはそれ以上の自己負担は家計にとってもものすごく厳しいものがあると思います。

分娩費用の平均金額は国立病院では31.7万円だそうですが、民間の医療機関も含めての分娩、入院の平均費用は36万4618円だそうです。(財団法人・こども未来財団の「子育てコストに関する調査研究」(03年3月)による)

あくまでもこの費用は分娩、入院によるものなので、その前後の定期健診や、色んな妊婦用品など準備費なども含めると総額50万3683円になるとも言われています。

ちなみに2006年10月から30万から35万円に出産育児一時金が増額になったのはすごく嬉しい事でした。

けど、例え後から戻ってくるとは言え、50万という大金がわずか1年弱の間に出て行くとなると、家計にとっては痛手ですよね。

そこで分娩費用もクレジットCard で払う事が出来たら、すごく助かりますよね。

調べたら分娩費用をカードで払うことが出来る産婦人科があると言うことが分かりました。しかも、返済が普通のカードだと翌月ですが、「はっぴーママカード」に加盟している病院なら翌々月の振り替え(最長89日後)になるので、出産一時金をもらった後に支払い請求がくるので、自己負担額がすごく少なく済ませることが出来ます。

また国立病院やマスターカードが利用できる病院では「はっぴーママカード」で支払いが出来ますが、クレジットCard 自体は1回払いで翌々月払いに変更が可能です。
OMCサービスセンターに利用した翌月の3日までに連絡をすれば翌々月に支払いを変更することが可能です。

「はっぴーママカード」では分娩費用の限度額の増額サービスを行っています。
出産が近づいてくると色々買い物も必要になるし、出費がかさみますよね。
その時に一時的にでも利用限度額を増やすと、安心して利用することが出来ると思います。増額申込みは出産予定日の2ヶ月前からですので、利用してみてくださいね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。