クレジットCard の申込方

クレジットCard を作りたい方は、カード会社に申込みをすると作る事が可能だと思います。
申し込み方法はいくつかありますが、クレジットCard 会社から申込書を送付してもって申込みをする方法があります。申込書を送付してもうにはインターネットでカード会社のホームページから申し込む、またはカード会社に電話をして送付してもらう方法があります。

申込書が届いたら記入をします。ホームページから申し込んだ場合は申し込み時に住所や名前などを記入してますのでその情報が間違ってないか確認をして、サイン、押印をして送り返します。また本人確認できる書類も必要ですので、免許のコピーや健康保険証、パスポートなどのコピーを準備しておいたほうがいいです。

他に必要書類がないか確認をしてからカード会社に郵送してください。
審査が通った場合は、カードが配達記録で郵送されてきます。

カードを利用するには以下のような注意も必要ですので参考にしてください。

1.カードの限度額を低めに設定してください。
カード会社からの信用は最初から気付けるものではありません。年数や利用実績を重ねて信用度が上がったらカード会社の方から限度額アップの打診をしてきますので、最初は限度額を控えめに設定しておきましょう。

2.資格
たいていのカード会社では18歳以上で安定収入があれば申込み可能となっています。収入とはアルバイトでもパートでも構いません。要は安定していればいいのです。
また働いていない学生は、学生専用カードがあるのでそれで申し込む事が可能です。

クレジットCardの与信限度額とは

クレジットCardの与信額とは・・・

クレジットCardは通常、利用者の属性によって利用限度額というのが定められており、一般カードでは5万〜50万円、利用実績が重なってくると50万〜100万円位となり、一般カードの上のカードのゴールドカードでは50万〜300万円位と信用度により限度額に差があります。

外国のカード会社においては限度額が月給のx倍相当額と設定しているカード会社もあるそうです。

利用限度額(与信額)と未払いの債務額(現在借りてまだ支払っていない金額)の差が、クレジットCardで利用できる金額となります。
例えば与信額30万円、現在使用していて、まだ返済していない金額が10万円、なので差は20万円と言う事でこれから利用できる金額は20万円と言う事になります。

クレジットCardの種類によって違いますが、小額なら利用限度額(与信額)を超えての利用が出来る場合もあるようです。

また、カードを作る当初から利用限度額を設定していないカードもありますが、カード会社側では当然規定の限度額(与信枠)を設定しており、高額の利用をしようとした場合は利用者に承認を求めて、審査をしてから利用可能となるかどうかの判断を行うようなシステムになっています。

クレジットCardの与信限度額とは、クレジットCardが利用できる可能な金額の枠の上限の事をいいますが、この与信限度額をきちんと自分で把握しておいて、使いすぎには十分注意してカードを利用するようにしましょう。



クレジットCardの与信枠(限度額)について

クレジットCardには種類と色が存在しますが、一番いいカードはどのカードでしょうか?

クレジットCardの与信額の小さい順に

 1.一般カード
 2.ゴールドカード
 3.プラチナ(ブラック)カード

といった順で与信額が大きくなっていきます。

カード会社からの信用をたくさん得ているほど与信額が大きくなりますし、そういう色のカードを持っているとそれだけでステータスがあると感じる方もいるようです。
ただし、年会費もそれなりにします。プラチナカードですと5万円以上位すると思います。利用額も半端じゃなく年100万円以上利用している方が多いと思います。
ですので、この年会費を支払ってなんとも思わない人が利用する事が多いと思います。
通常の一般カードしか持ってないと年会費に5万円は支払えないですもんね・・・
プラチナカードへの入会は、今現在持っているカード(ゴールド)からカード会社からの招待によって入会する事ができると言う事です。ですので、自分の希望だけでは入会できないようになっているので、ステータスの理由になっていると思います。

代表的なプラチナカードはアメックスセンチュリオン・ダイナースプラチナ(カードは黒)などです。

クレジットCardの与信限度額とは、利用者に対してカード会社側が貸せる上限の事をいいます。この限度額の中には、決済待ちの物、未払いの物などの金額も含まれています。取引先が払えなくなったなどのリスクを回避するため、個人情報(収入や、滞納、利用状況など)などをチェックして審査をしています。その状況で限度額が決定されます。




タグ:クレジット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。