クレジットCard の利用限度額を超える利用

クレジットCard のトラブルで特に多いのが、利用限度額を超える利用によるカードの使いすぎです。返済額が収入や貯蓄を超えるような利用の仕方をしてしまうと、支払いがもちろん出来なくなり滞ってしまいます。

「利用限度額を超えないようにしましょう」
カードの種類によって利用限度額が違いますが、ご自分がお持ちのクレジットCard の限度額はいつも頭に入れておくようにしましょう。限度額を超えて利用しようとするとカードが利用できなくなる可能性もあります。もし、利用限度額を超えて利用しなければならない事があらかじめ分かっている場合は、事前にカード会社まで連絡をして申込みをしておきましょう。

また盗難等による第三者によるクレジットCard の利用の場合のトラブル防止の為に、お店や商品の単位で1回のカード利用限度額というのを設定してあります。この限度額を超えて利用しようとした場合は、電話等でカード会社に販売承認をお店側が取るシステムとなっています。この際、カード会社から電話口で本人確認を行う場合もあります。
これにより、カードの不正利用を未然に防ぐ事が出来るようになります。

「利用限度額を超えるときは連絡を」
カードによっては利用限度額を設定していないものもありますが、大体のカードは利用限度額を設定してあると思うので、この限度額をしっかりと頭に入れ、カードを利用するようにしましょう。もし、利用を超える場合がある時は、カード会社に連絡をして限度額を引き上げてもらうよう相談してみましょう。

クレジットCard の限度額で利息108万

クレジットCard の借入れ限度額が自分の貯金、または銀行の残高のような感覚でいる方で消費者金融を転々として複数店舗から借入れしている方は多いと思います。

消費者金融からもう借りれない状況になっていても、心のどこかで「ブラックOK」とかの街角のあちこちにある看板に目を奪われて安心してしまっている事でしょう。
この看板を見ると、金利が消費者金融やクレジットCard より断然安く書いてあるので、これなら無理しなくても返せるかも?って思いがちです。
そうして、その看板に書かれている電話番号に連絡してしまう方も多いでしょう。

こういう看板の所では、「トサン」という所もあります。
「トイチ」とは10日で1割の金利の事。
「トサン」は10日で3割の金利であると言う事です。

例えば、30万借りたとして、月30%の金利だと年率360%、従って年利は108万円になります。利息だけで108万円になってしまいます。恐ろしいですよね。

これだけでも返せないと言うのは一目瞭然ですよね。でもそれが分からない程、借りに行く人は追い詰められてる方が多いのです。

返せないとなると、身元だけはしっかり押さえてるので職場や、近所などにも押しかけ、更に追い詰めていきます。

上記のような所は「闇金融」と言うところですが、金利自体が違法ですので本当は法的には返さなくてもいいみたいですが、怖い人達が押しかけてある事ない事言われたりするのも怖いですよね。だから出資法違反で刑事事件になるはずなんですが、警察はなかなか動いてくれないみたいで、解決にはなかなか至らないケースが多いです。

こういう状況になるまえに、きちんと計画的に利用していくようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。